令和3年度「Fukushima Tech Create」アクセラレーションプログラムに採択されました

福島イノベーション・コースト構想推進機構による令和3年度 Fukushima Tech Create(イノベーション創出プラットフォーム事業)、アクセラレーションプログラムに「苔の原糸体を活用する新しい産業基盤の開発・創成事業」として採択されました。
ここでは、苔の原糸体を大量に生産する技術を開発するとともに、苔の原糸体を製造・加工した新しい素材で顧客ニーズに沿ったプロダクトの開発や顧客の開拓に取り組むことで、引き続き苔の原糸体を活用する新しい産業基盤の開発・創成を含めた苔で地球環境を守る事業に邁進してまいります。

 アクセラレーションプログラム(伴走支援者:㈱リバネス)
 イノベ構想重点6分野(廃炉、ロボット・ドローン、エネルギー・環境・リサイクル、農林水産業、医療関連、航空宇宙)での事業化を目指す、又は、社会・地域課題解決に向けた新事業展開を行なおうとするアーリーステージ等にある者向けの支援プログラム

〇Fukushima Tech Create(3プログラム)の採択内容

 ①ビジネスアイデア事業化プログラム
  応募件数:36件、採択件数20件
  採択分野:廃炉1件、ロボット・ドローン6件、エネルギー・環境・リサイクル9件、
       農林水産業6件、医療関連5件、航空宇宙1件
       ※一部重複あり

 ②地域未来実現プログラム
  応募件数:17件、採択件数6件
  採択分野:ヘルスケア2件、一次産業担い手不足1件、減災・防災1件、
       教育1件、農林漁業1件、医療介護1件
       ※一部重複あり

 ③アクセラレーションプログラム
  応募件数:28件、採択件数7件
  採択分野:廃炉1件、ロボット・ドローン3件、エネルギー・環境・リサイクル2件
       農林水産業3件、医療関連1件、航空宇宙1件
       ※一部重複あり