ヒョウタンゴケは、世界中に分布している汎存種(コスモポリタン)です。
焼却灰を好む性質があり、焚火跡地、キャンプファイヤーサイトなど、
日当たりの良い裸地に生育しています。
本種の原糸体は、鉛や金を高蓄積する性質が報告されています。
弊社は、坑廃水中の鉛や工場廃液中の金などを吸着させる素材として世界で唯一、製造・加工することができます。